頭皮が炎症を起こしている場合

頭皮が炎症を起こしている場合

薄毛になってしまう原因では、頭皮に炎症を起こしていることがあります。炎症を起こす原因は様々ですが、育毛剤自体が原因となっている事もあり注意しましょう。頭皮を見てみて、赤くなっているなら何らかの原因で炎症を起こしている証拠です。

 

頭皮に炎症が起こる原因は様々です。例えば、シャンプーのしすぎで頭皮が荒れてしまっているケース、パーマやヘアカラーが原因の事もあります。頭皮に炎症が見られたら、ヘアカラーやパーマはしばらく避けて、優しい洗い心地のシャンプーを選ぶようにしてみて下さい。さらに無添加の育毛剤を選ぶと良いです。まずは悪循環になっている皮膚に刺激のあるものを避けること、育毛剤を使うときには天然成分で構成されたものを選ぶ事です。

 

中には皮脂の分泌を抑える育毛剤を使ってしまい、それが原因で過剰に皮脂が分泌して炎症を起こす場合が見られています。女性の場合は皮脂の分泌を抑えるものはそれ程必要なく、逆に潤いを与えたほうが良いケースが多いです。皮脂が取られると潤いが無くなったと言う信号が出て、逆に皮脂が分泌してくる事があるのです。その場合は皮脂を押さえる育毛剤ではなく、潤いを与える女性用育毛剤を利用すると改善されることがあります。